マサッチクンの徒然草子

ホットな話題から日々のできごとまで思うことを語ります

【スポンサーリンク】

【スポンサーリンク】  

 

石破茂氏「同士をさげすむな」は通らんよ! だって、後ろのスナイパーでしょ?

 

マサッチクンです。

 

今回は石破茂氏、最近の言行から

チョイと思うことです。

f:id:masacchikun:20180604092521j:plain

はじめはこちら。

間違っても同じ党の同志を

さげすむ党であってはならない

 

これ・・ね。

 

この方、黙っていれば、よいのに

語れば、語るほど、軽く、以前思ったほど

「大したことねーな」

と見なすのは僕だけでしょうか。

 

今まで、さんざん同じ党の政権を後から

矢を射かけ、狙い撃ちしてきたのは

どなたでしょう。

お忘れになったご様子。

 

おそらく、この発言を安倍首相が耳に入れれば

笑止!

「誰が言ってるって?」

 

そして

「俺もそう思うよ」

ではありませんか。

 

とにかく

石破茂氏は批判が多いですよね。

立憲民主党、国民民主党、社民ほかの野党と

何ら変わりがないでしょう。

 

これではね。

 

 

それでもって

「さげすむな」

で終わるかと思えば

 

また、新たに後から撃っています。

今度は杉田水脈氏の寄稿文に関して

そんな心ないことを自民党は

許してはならない

と批判したとあるのです。

(27日豊田で)

 

『新潮45』買って、読んだのでしょうか・・ね。

読めば、そんな結論にはならない

と思いますが

 

もっとも、読んでも、イヤなものイヤ

この人嫌いだから

となる人もいるでしょうから

断定はできません。

 

他方、自民党の総裁選に限ってみれば

竹下派(平成研究会55人)のうち

参院議員21人が石破茂氏の水月会に加わり

同氏支持との話もあります。

 

後のスナイパーが好きな人もいるのでしょう。

 

さておき

こうして、一連の石破茂氏の動きを見ると

同氏は単に、人気取りのために遮二無二

報道メディア受けが進む道を自由気ままに

ばく進しているだけではないでしょうか。

 

あらためて、そう思うばかり。

 

今回はここまでです。

お付き合いいただき、ありがとうございました。

失礼します。