マサッチクンの徒然草子

ホットな話題から日々のできごとまで思うことを語ります

【スポンサーリンク】

北朝鮮の米兵の遺骨返還協議すっぽかしの狙いは、ポンペオ国務長官の追い落としか?

 

マサッチクンです。

 

今回はふと見た記事から思うことです。

f:id:masacchikun:20180604092521j:plain

聯合ニュース12日の記事から

『米兵遺骨の返還巡る朝米実務協議

北朝鮮側が姿見せず』

 

どうも、北朝鮮、6月12日の米朝首脳会談の

約束ごとをすっぽかしたようです。

 

12日に予定した協議とは・・

これは、朝鮮戦争で行方不明になった

米兵の遺骨返還の方法や日程などを

話し合うもの。

 

それに北朝鮮が対応しなかったということ。

 

「やっぱりなあ」

「そういう国か」

という感じですよね。

 

そこでフラグが立ちます

「日本大丈夫か」

「日朝国交正常化推進議連の存在もあるし」

「日本は、特に気を付けないとなあ」

・・と、なるわけですが

そこは今回、置いて話を戻します。

 

とにかく、遺骨返還は

金正恩委員長がトランプ大統領と会談を持ち

その後の共同声明に盛り込まれていたもの。

 

しかも、先にポンペオ米国務長官が

平壌に行って

「この日にした」

とされていたものです。

 

同国務長官がウソを言わない限り

北朝鮮がトボケタと見るのは当然でしょう。

 

それにしても、北朝鮮は相当強気です。

 

党中枢

つまり金正恩委員長の指導が効かないのか

 

それとも

背後に中国がネットリと引っ付いたので

金正恩委員長

「もう怖くないよー」

となったのか。

 

どちらかであり

両方でもあるようにも思えますが

とにかく、12日、米国の担当者らは

そでにされたことは間違いない様子。

 

今後、米国、どうしますか?

ちょっと注視!

 

ただ、ポンペオ米国務長官

今回は平壌に出かけても

大きな成果はなく映っています。

 

さらに同長官が北朝鮮とすり合わせた結果を

反故にされているのです。

 

北朝鮮、もしかすると

トランプ政権を揺さぶって

苦手と考えるポンペオ国務長官を

トランプ大統領のそばから遠ざける?

 

そんな考えだったりして・・。

 

なお、ほかの報道では

トランプ大統領あての金正恩委員長の親書に

非核化の内容はないともあるのです。

 

何か、コケにされた感じもしますが、いかに?

 

※ ホントにそう思っていますかね?

 

何気にポンペオ米国務長官への

米国内での評価を下げる

引いては、トランプ大統領の支持状況を

不安定化させる狙いがあるのかもしれません。

 

と、僕は何気に見ていますが

 

あたるかどうかわかりませんが

これまた、注視でしょう。

 

それにしても

世の中、怪しいことが多すぎます。

日本人は、ホント、人がよいのでしょう。

 

国会議員で目に見える反応をしているのは

佐藤正久氏だけですよ。

※ ツイッター基準で判断しています。

 

今回はここまでです。

お付き合いいただき、ありがとうございました。

失礼します。