マサッチクンの徒然草子

ホットな話題から日々のできごとまで思うことを語ります

【スポンサーリンク】

【スポンサーリンク】  

 

石破茂氏、総裁選前に「やばい」ね! しかも、災害発生時に防災省の話では、反発かも?

 

マサッチクンです。

 

今回は、ちょっと遅くなりましたが

「災害を政治利用ですか?」

と思うことです。

 

「石破さん」

凡人の僕は

単純にこのように受け止めましたよ。

 

『石破茂氏、総裁選前に「やばい」ね!

しかも、災害発生時に防災省の話では

反発かも?』って・・ね。

 

そして

「看過はできない!」

と、つい偉そうな思いに至った次第。

f:id:masacchikun:20180604092521j:plain

とにかく

自民党の石破茂氏、9月の総裁選に向けて

どうしても総理大臣になりたく

身がうずうずしているのでしょう。


とうとう

今度はこんなことまで、口から発した

とあります。

 

時事の報道を一部引用します。(8日)


8日、鳥取市で開かれた

自身の国政報告会で講演し、災害対応を

一元的に担う防災省の新設を

9月の党総裁選の政策に掲げる意向と

表明。

 

石破氏は「これは絶対にやらなければ

ならないことだ

公明党からも賛同を得ている」

と訴えた。

 

引用はここまで。


これだけ見れば、決して、悪い話では

ないでしょう


ですが

今、それを語る時期でしょうか。

 

防災省よりも

現在ある組織の有効な活用と

それら組織の活性化を求める声が必要

と思うのです。

 

特に 

自衛隊、派遣先で、地べたに寝ていますよ。

こういったところの改善を行うべきでは

と思いますが、いかがでしょう。

 

 

そこで、話を続けますと

 

とにかく、今までの石破氏の発言から

何か、うさんくさいものが響くのです。

 

単純に総理総裁になりたいがための

人気取り?

ではないかと。

 

多くの方々は、どのように

受けとめられますか・・。


総理総裁のためなら、なりふり構わず

そんな風を背後から強く吹きかけている

そのように思われますが、どうでしょうか。


そこで、ツイッターなど

ネットの方々の声に耳を傾けてみました。

 

皆さん、怒ってますよ・・。 

 

 「政局に使うなや」

 

「総裁選しか見てないだろ」

 

「災害を政治利用するこの醜さ」

 

 「もうミエミエの総裁選の

一票目当ての場当たり政策」

 

「防災省はいらない」

 

「都道府県と市町村に

防災・減災予算の拡充をすべき」

 

「何が防災省だ、ドアホウ

これ以上、省庁増やしてどうすんだ?」

 

「防衛省と国土交通省の予算を増やせば

いいだけちゃうの?

今回の災害を見てもホント自衛隊には

もっともっと、予算を付けてほしいわ!」

 

「総裁選前のこのタイミングで

突然『復興庁を防災省に!』と言い出した

石破茂先生から、小池百合子感を

感じずにはいられない」

 

「今、彼が言うと政局がらみに

受け止められ叩かれてしまう」

 

「防災省などいらない

内閣がきっちり仕事をすればよいのだよ

間抜け、余計な費用を使うな」

 

「まずは国交省レベルの防災対応について

整理整頓してみたらとしか

言いようがないほど、愚かな提案

百合子レベル」  

 

「テンパリすぎて

自分の言っている事さえ

理解できない状態なのか」

 

ということで

このような感じのご意見、お考えが

多いようです。

 

ほかにも多々ありますが、基本、方向性は

「総裁選の前に言ってはならん」

 

そのように伝わるものが多いかと。

 

どうも、石破茂氏、語れば語るほど

自ら、墓穴を掘っている、ご様子。

 

やはり

『今』『現在』に触れるべきでしょう。

困っているのは『今』ですからね。

 

高みの見物を決め込んだ形で

将来をあれこれ言ってもはじまりません。

多くの被災者は『今』を苦しんでいるのです。

 

と、何もできない僕が言うのも

これまた、おこがましいのですが 

しかし、そう思うばかり。

 

今回はここまでです。

お付き合いいただき、ありがとうございました。

失礼します。