マサッチクンの徒然草子

ホットな話題から日々のできごとまで思うことを語ります

【スポンサーリンク】

ひるおび、青木理氏、変ですよ! 悪いのは犯罪を犯した麻原彰晃ほかオウム真理教メンバーでは?

 

マサッチクンです。

 

今回は麻原彰晃ほか

人々を苦しめたオウム真理教関係者の

死刑執行を政権批判へ利用と映る

青木理氏に対して、少々思うこと。

f:id:masacchikun:20180604092521j:plain

その前に、今日の死刑執行において

麻原彰晃以外で死刑執行がなされた対象は

こちらの6人。

 

井上嘉浩

中川智正

遠藤誠一

早川紀代秀

新実智光

土谷正実

 

そして

上川陽子法相はこのように述べています。

 

「長期間にわたる一連の犯行は組織的

計画的に行われたもので過去に例がない。

極めて凶悪重大なもので

社会を極度に恐怖に陥れ、世界に衝撃を与えた」

(6日産経、引用)

 

そのとおりでしょう。

 

地下鉄に乗り、一難を避けられた方が

話してくれました。

それでも、ガスは吸った・・と。

(23年前のこと。)

 

しばらくは通院、頭が突然痛くなる!

アルコールは飲めない!

気持ちが悪く吐く!

・・と。

 

要は明らかに毒性のあるものを

体内に入れたということ。

 

また、当時の状況から

それを偶発的ではなく

計画的な仕業としか思えない・・と。

話してくれたことも思い出します。

 

こんな過去を承知するため

今回の上川陽子法相の判断、行いは

法に基づく、死刑執行のことですが

法治国家としてあるべき姿でしょう。

 

ですが、どうも、これが気に入らん

というテレビ関係者もいるのです。

 

それが、青木理氏

こんなことを、語っています。

 

(TBS、ひるおび主体、文は丸めています。)

 

「坂本弁護士の家族殺害事件捜査に

問題があった。

地下鉄サリン事件は防げた」

 

「刑の執行はすべきでなかった」

 

「死刑執行は誰が決めた?」

 

「地下鉄サリン事件をなぜ許したのか?」

「原因はどこにある?」

 

何気に政権批判?

捜査当局批判?

 

何でも、政権、警察にボールを投げればよい!

というものでもないでしょう。

 

基本、悪いことをしたら、イカンということ。

 

犯罪者を跋扈させる、そんな幇助的な発言は

被害者をさらに苦しめるだけと思うのです。

 

変ですよね。

この青木理氏は・・。

 

天皇陛下に向けても

ひどい発言をしていますし

韓国・文在寅大統領がよいとか

北朝鮮にも言い分があるようなことを語るし

やっぱ、変ですよ。

 

このブログでは、この界隈のことに

触れるつもりはなかったのですが

少々、勢いで表してしまいました。

 

でも、間違ったことは言っていないでしょう。

 

だってね。

お金をだまして取ったり

やめたい者の意志を無視したり

ポアとか言って人を殺したり

それらは、イカンでしょう。

 

今回はここまでです。

お付き合いいただき、ありがとうございました。

失礼します。