マサッチクンの徒然草子

ホットな話題から日々のできごとまで思うことを語ります

【スポンサーリンク】

【スポンサーリンク】  

 

消費税10%、来年10月、景気、雇用状況悪化か・・政府・経団連の日本人、日干し作戦?

 

f:id:masacchikun:20180702142704j:plain

 

マサッチクンです。

 

今回は突然ですが、消費税10%へ

まっしぐらに見える日本に関して

チョイと思うことです。

f:id:masacchikun:20180604092521j:plain

基本、安倍政権を支持していますが

消費税10%と外国人労働者受け入れは

クエスチョンなのです。

 

あんまり、騒がれませんけど

消費税10%で景気と雇用状況悪化させて

おいてですよ。

 

そのあと、単純労働力は

外国人で埋めるなんてね。

 

経団連のエライさんたちは

労働力の日本人を対象にした

日干し作戦展開中か

 

・・と、最近は捉えているのです。

 

ところで 

10%は、消費税8%からの増税のこと。

これって、説明はいらないでしょうけど。

 

最初は売上税とか、福祉税とか言われて

福祉主体の執行目的で導入されたもの。

でも、今は何に使っているのか

分かっている人、いますか?

 

僕はわかりません。

 

とにかく、日本国民の皆さんは

寛容なのか、優しいのか

そのあたりも

とーんと、見当はつきませんが

 

今のまま、国会はじめ経団連などが

大きな動きを示さなければ

 

来年10月、あたらしい元号のもと

つまり、新しい天皇陛下の御代で

消費税10%は施行されるのでしょう。

 

なぜなら、野党の政治家も

ウハウハの歳費で満足なのか

いまだ森友、加計ですから・・ね。

 

法案は成立したとはいえ

状況見て、いろいろなものと比較し

国会で提議すればよいのに

何らの反応もない様子。

 

そのあたりは、ボンクラか

ういたかひょうたんに見えるわけで

期待する方が詮無きかもしれません。

 

ただ、日々、時間は過ぎています。

 

単純見通しながら

10%を契機に、景気が悪化し

オリンピックの年をまたいで

ドツボ時代がやってくる!

 

そう思うわけです。

 

そこで、それを納得させるものが

一つ、浮かびます。

 

それは、今、派遣職員を

正職員にするなどの声もあるようですが

実際はそれほど大きく、目に映るほど

進行はしていない様子。

 

これは会社・企業も10%の消費増税で

購買力が落ちる!

消費が減退する!

と、先を見ているからではないかと。

 

さらに、景気が悪化してからの解雇は

非効率と考え、手間暇かけるぐらいなら

「正社員化、先送りにしておこう」

そんな思惑にも映るのです。

 

どうでしょう。

 

派遣なら、期限が来たら

「来なくていいよ」

で済むし

・・ではないでしょうか。

 

何か、消費税にしても、雇用にしても

今の政党、政治家はじめ

政府の姿勢から推し量ると

 

決して、まじめな日本人には

よいものとは思えませんが

賢い方々は、どう思われますか。

 

とにかく、消費税は10%へ

来年の10月に増税へ。

 

上がり幅はともかく

買う気はなくなります。

 

今回はここまでです。

お付き合いいただき、ありがとうございました。

失礼します。