マサッチクンの徒然草子

ホットな話題から日々のできごとまで思うことを語ります

【スポンサーリンク】

【スポンサーリンク】  

 

W杯サッカー、日本、コロンビアに勝利、祝えばよいのに! でも、小西ひろゆき氏、変?

 

マサッチクンです。

 

今回はサッカーと小西ひろゆき氏で

少々、頭に浮かんだことです。

f:id:masacchikun:20180604092521j:plain

その前に、W杯サッカー

日本がコロンビアに2-1で勝てて

よかったですね。

 

かなりの強豪と聞いていましたから

何とか、分ければ

「いいよね」ぐらいに

最初は見ていましたけど。

 

さすがです。

日本!

 

と、結果を素直に見れば

よいと思うのですが

 

これを違う方向に結び付けたい方も

いるようです。

 

たとえば

この方、小西ひろゆき

このように意味不明のツイッター内容を

発信しています。

あとでなくなるかもしれないので

ここに表しておきましょう。

念のために

『W杯。主審の目の前でハンド反則でシュートを止めたコロンビア選手。チームを救うための究極の行為は一発レッドカード。反則は絶対悪、退場も最悪ミスだが、我が身を捨てた執念の行為に、あの瞬間に何もせず、失点承知でシュートを見送るだけの国会議員が何人いるだろうかと考えた。安倍政治は罪深い。』

これって、おそらく

過去、幾たびかあった

国会の審議拒否を重ねた挙句の採決で

その阻止に動いた自らの行為を

重ねているのでしょうけど。

 

何か、トンチンカンな気がします。

 

しめは「安倍政治は罪深い」

となるわけですが

僕から見れば小西ひろゆき氏の方が

罪深いと思います。

 

どうでしょう。

 

それにしても

おかしな端くれ議員にしても

一応政治家ですからね。

 

せっかくの日本チームの勝利

素直に「おめでとう」の方が

有権者には有効なものとして

映るのにと思うばかり。 

(一応、この前に発信はありますけど。)

(自ら、台無しにしています。)

 

今回はここまでです。

お付き合いいただき、ありがとうございました。

失礼します。