マサッチクンの徒然草子

ホットな話題から日々のできごとまで思うことを語ります

【スポンサーリンク】

【スポンサーリンク】  

 

北朝鮮協力者リストが日本の手元に入れば、実際、公安は動けるの?

 

マサッチクンです。

 

今回は再び、北朝鮮協力者リストの件に

触れて、素朴に思うことです。

f:id:masacchikun:20180604092521j:plain

これ、つまり

北朝鮮協力者リストのことですが・・。

 

実際、日本の手元に入れば

公安警察、よく言われる外事課などは

動けるのでしょうか。

 

動けるのであれば

噂される政治家、官僚、財界人

さらに、報道・メディア関係者など

彼らの素行並び周辺調査は

どうなんでしょうね。

 

基本、そのあたりはわかりません? 

・・よね。

 

また、大っぴらに

「あなたのことを調べているよ」

と言える性格のものでもないでしょう。

 

ですから

単純に素朴な疑問を持つ

僕のような一庶民の耳に

入ることはないと思っています。

 

しかし、そのリストが存在するとして

北朝鮮から日本に渡ることが

話題になる現状を考えると

 

仮に、日本政府が手元に置けるなら

何らかの価値は生まれるはずですよね。

 

ただし、対象者がいるにしても

即逮捕・収監となるか、どうかは

わかりません。

 

それと照らし合わせる

日ごろの怪しい対象者の動きを

先ほどのとおり

委細合切押さえていたとしても

 

日本の法律に確実に触れていない限り

怪しいだけで終わるでしょう。

 

これは・・別に

日頃の反日的度数が高いと思われる人たちを

擁護するわけではありません。

 

ちょっと、ネットを見ながら

考えると

そこに行きついてしまった次第。

 

ですが、一方

照らし合わす行為で対象者を

ぐっと絞り込めるなら

 

社会に示すことで、今後の怪しい動きを

けん制することはできるでしょう。

 

また、要注意人物として

広く世間に知らしめることによって

高齢者の方々への人物観察の役にも

立てていただける!

そんな期待は持てると思うのです。

 

ですから、たとえ、公安が物理的に

即、対応できないとしても。

 

日本国民、日本人が

自らの身を守るための一助として

活用できることを考慮し

 

そのため、安倍首相とその政権には

北朝鮮協力者リストを手元に置いたならば

是非とも

全国民に公開をお願いしたい!

 

と、市井の一つの草は思うのです。

 

今回はここまでです。

お付き合いいただき、ありがとうございます。

失礼します。