マサッチクンの徒然草子

ホットな話題から日々のできごとまで思うことを語ります

【スポンサーリンク】

【スポンサーリンク】  

 

国会議員の国籍出自確認は、日本の国益を損なう発言極小化への有効策では?

 

マサッチクンです。

 

今回は世の中

おかしいことは

「正そう!」

とする動きがうねりになってきた!

f:id:masacchikun:20180604092521j:plain

・・と思うことです。

 

国会議員の国籍出自を明らかにしろ!

・・です。

 

DHCの吉田会長、夕刊フジで表しています。

 

四日前なので、ホットではありませんが

この記事の反響は風化するとは

思われませんので、取り上げてみました。

 

はじめに、吉田会長は

国会議員の国籍背景に注目する!

とあるのです。

 

続いて、自らの信条を語っています。

「国会を代表する国会議員に

日本の国益を損なう言動は許されない」

 

もちろん、人種差別の意図はない!

とも触れています。

 

同感です。

まったくそのとおりでしょう。

 

そこで、記事内では その信条を

堅いものにさせてしまうものとして

(つまり、背景の一つとして)

 

蓮舫氏に触れ、その発言を引用しています。

 

「日本人でいるのは

それが都合がいいからです。」

「日本のパスポートは

あくまでも外国に行きやすいから」

 

・・と、その資質への疑いを

露(あらわ)にしています。 

 

これは5月の初頭に話題になったもの

そこで

当時のツイッターからもピックアップ

してみました。

要するに

こういう人物で本当によいのか

 

と、問いたいのでしょう。

 

ただ、一般の人々、普通の日本人には

蓮舫氏の場合は、名前もそうですが

明らかに出自は中国とわかります。

 

加えて、芸能人時代から

中華民国・台湾出身を

売りにしていましたから

出自について、今さらとやかく

言う部分はありません。

 

同氏の問題点は

● 二重国籍状態で国会議員をしていた

● 閣僚をしていた

・・と思われること。

 

また、その経緯と通常の帰化

あるいは

法改正に伴う制度帰化であったとしても

 

完全に日本国籍となるまでの説明が

● 二転三転した偽りの姿勢

・・が問われていることでしょう。

 

さらに蓮舫氏の場合は

この5月に審議拒否の間、台湾で

遊興に時間を過ごした話もあります。

 

ですから

すでに日本の政治家として

対象にならずと見ても

おかしくないでしょう。

 

そのため、以後はオミットします。

 

ともあれ、大事なところは

日本名を名乗られると

一見しただけでは、帰化人であっても

帰化人かどうか分からない人物も

いることであり

 

また、その腹の中の考えが同時に

不明なところです。 

 

日本人として、日本のためと考えて

政治家を志すのであれば

歓迎ですが

そうでなければ困るでしょう。

 

ですから

日本の国益に反する考えを持ちつつ

日本の国会議員を望むのであれば

出自を明らかにすべき

・・でしょう。

 

※ 有権者は納得しないと思います。

 

また、日本人として

日本の国益のために

汗を流そうとするならば

進んで出自の国籍を表すことはできる

と思われるのです。

 

今回は夕刊フジの記事を見て

DHCの吉田会長の考え、主張を

紹介しつつ

 

思うことを表してみました。

 

それでは、ここまでです。

お付き合いいただき、ありがとうございます。

では。