マサッチクンの徒然草子

ホットな話題から日々のできごとまで思うことを語ります

【スポンサーリンク】

【スポンサーリンク】  

 

小西ひろゆき氏、参院本会議で「国民の敵はそっちだ」とヤジられた・・と憤慨か?

 

マサッチクンです。

 

今回は参院本会議でヤジられた

小西ひろゆき氏に関して思うことです。

 

小西ひろゆき氏、登壇直後に

「国民の敵はそっちだ」

と議場内から声が向けられたようです。

 

それで、憤慨して

後ほど、発言内容を精査して

然るべき処分をしてくれ!

と言った様子。

 

これを議長に申し述べたようですが

しかし、小西ひろゆき氏も

過去を見れば

 

「国民の敵はそっちだ」以上の声を

発しているでしょう。

 

因果応報ではありませんが

過去に発したことが

わが身に戻ってきたと捉えて

欲しいものです

 

謙虚になぜ言われたのか

反省して行動すべきでしょう。

 

それに、実際、小西ひろゆき氏の存在が

日本にとって、どれだけ有益なのか

わかりませんよね。

 

『国民の敵』が気に入らないのであれば

具体的に成果を示して欲しいものです。

 

たとえば、国民所得向上に貢献とか

法案作成に寄与とか

日本の防犯体制に貢献とか

 

そういった国民に分かりやすいところで

「やりました、できました」

「ここは小西のおかげです」

 

という感じで説明してくれたら

よいかと、思いますが。

どうでしょう。

ありますか・・ね?

 

でも、これはダメです。

 

「安倍首相とその政権を攻撃しました。」

「国会運営の邪魔をしました」

 

こんなんはいくら自慢されても

ダメです。

 

国民は賃上げ、雇用を促進してくれた

政権や政治家のことを

悪く言う議員さんを

『よし』とは思わないでしょう。

むしろ、「いや」では。

 

なぜなら

生活向上に走る政権を

悪く言う人を支持したり

称えたりすると

 

国民個々がド貧乏になって

貧民になって

さびしい人生を送ることになる

と思われますから・・ね。

 

民主党政権と比較すれば

理解していただけるでしょう。

 

どうか、その点を早く悟って

よき方向に歩まれることを望むばかり。

 

なお、日ころ大魔王が名乗り出ています。

普通、ヤジを聞くと、いいかげんにしろ!

と思いますが、大魔王が声を発すると

「よく言ってくれた!」

 

となりますから不思議です。

 

 

※ 付随メディアの分離ができず、そのまま

 

今回はここまでです。

お付き合いいただき、ありがとうございます。

では。