マサッチクンの徒然草子

ホットな話題から日々のできごとまで思うことを語ります

【スポンサーリンク】

【スポンサーリンク】  

 

福山哲郎の秘書官恫喝! 立憲民主党の安倍首相攻撃は、もはやオワコンでは?

 

マサッチクンです。

 

今回は

ちょっと時機を失した感じもしますが

昨日、参院の審議を見て思うことです。

f:id:masacchikun:20180421232527j:plain

立憲民主党、もう終わっているでしょう。

茶番にしか映りませんよ。

 

ということ。

 

はじめはこちらです。

福山哲郎氏は、安倍首相にメモを手渡した

秘書官に対して恫喝していました。

 

「秘書官、いらない紙、入れるな」

・・と。

 

なぜ、立憲民主党の福山哲郎氏は

秘書官を怒鳴り、恫喝する必要が

あるのでしょう。

 

ご自身の質問力に自信があれば

安倍首相に向けた質問上の問題点を軸に

論破すればよいのではないでしょうか。

 

つまり、それができないから

怒鳴る!威圧する!恫喝するわけでしょう。

見難く、醜いです。

 

福山哲郎氏は

ご自身で気づいているのでしょうか。

無能であることを。

あの恫喝の姿は、その証左にしか

見えないのです。

 

続いて、こちらも福山哲郎氏です。

ただし、こちらは立憲民主党の愚かさを

すばらしく演じた集団プレーです

 

安倍首相が加計学園に関しての質問で

福山哲郎氏に対して答えた際

「委員が作られたストーリーなんだろうと」

これを発するやいなや

 

図星を突かれたのか

蓮舫氏など立憲民主党の面々が

委員長の周りに群がり

安倍首相の答弁を遮った!

妨害をしたのです。

 

これを見て、ハッとなる点は

立憲民主党、手詰まりなんでしょう。

 

そこです。

 

それは、適確に問題点を抽出して

質疑・質問を行い、そのやり取りの中で

安倍首相を論破する能力がないこと。

 

それを証明しただけに過ぎない!

と思いますが、どうでしょう。

 

早い話、福山哲郎氏も蓮舫氏も無能!

ということ。

 

もちろん、立憲民主党そのものが

茶番の政党であることは

言うまでもないでしょう。

 

一年以上も報道メディアをまきこみ

いや、逆に支援を頂戴しつつ

 

特に、テレビ、芸能人コメンテーターの

側防掩護を

受けていた(る)にもかかわらず。

(芸能人のすべてではないと思います。)

 

納得できる形で

安倍首相とその政権が

悪いと見なせる姿を出せないのです。

 

ここですよね。

大事なところは

誰が見ても納得できる形で

 

安倍首相が悪い!

それはできないのです。

 

というか

そもそも、悪いことではないのに

 

悪い!

と勝手に、立憲民主党の議員たちが

ストーリーを作っているだけでしょう。

 

これだけ無駄な時間を一年以上かけて

しかも、立憲民主党とその仲間たちは

19連休を堪能しつつ・・です。

 

その意味でも安倍首相の答弁内容には

間違いがないと思うばかり。

 

立憲民主党、愚かなり!

猛省を促したいというか

立憲民主党の流儀が通じる国を探して

そこで国会議員をしてもらいたいものです。

 

これ以上、祖国日本を破壊する行動は

しないで欲しい!

それに尽きます。

 

今回はここまでです。

お付き合いいただき、ありがとうございます。

では。