マサッチクンの徒然草子

ホットな話題から日々のできごとまで思うことを語ります

【スポンサーリンク】

蓮舫氏の問いかけ! 視点は人それぞれでも、人民裁判つるし上げはイヤだね!

 

マサッチクンです。

 

今回は国会の参考人招致

蓮舫氏の質問の姿を見て思うこと。

f:id:masacchikun:20180421232527j:plain 

自分の憶測どおりの展開にならねば

「許さん」との姿勢は

人民裁判、集団でのつるし上げにしか

見えませんけど。

 

愛媛県のメモ書き、備忘録が独り歩き

それが正しいとの前提で問いかけるのは

異常ではないでしょうか・・ね。  

 

別に、こちらの肩を持つ

そんなわけではありませんが

柳瀬唯夫氏の答弁のこと。

※ 経産審議官

 

どこがおかしいのでしょう。

ちなみに少々、丸めてはいますが、こちら。

「備忘録があちこちに配られ

マスコミに出て

それによって信用力を高めたのは

とっても変な話だと思うのです。

メモを取った方が、常に後で

こうだと言うのは流石におかしい」

柳瀬氏の言

基本「そうだよね、わかるよ」

と、思いますけど。

 

そこへ、続く、蓮舫氏の偉そうな

責め言葉・・。

むしろ、そちらの方がおかしいというか

その必要性がわからないですね。

 

蓮舫氏の体全身から溢れ出るような

猛々しい人を責めるだけのやり取り

 

閉口する、辟易ものでしょう。

 

これなら、永遠に審議拒否をして

休暇を取って欲しいですね。

いない方がよいと思いますよ。

 

ホント、立憲民主党ほかの

野党は消えて欲しい・・かな。

そんな感じ。

 

そもそも、蓮舫氏に国会議員として

他者を責める資格があるのでしょうか!

 

しかも、柳瀬氏に向けた

「あなたの普通は人と違う」

何たる言い草かと

これって、人間の否定

よく聞く、人格の否定にも聞こえます。

 

さらに続く蓮舫氏の発言

「おかしいのは」

「あなたの記録と記憶が全部ないこと!」

 

こちらもひどいですよね。 

今までの二重国籍疑惑の説明責任云々では

さんざんのらりくらりとテキトーな言葉を

並べてきた人物が

発するものではないでしょう。

 

どうして、ここまで強気

かつ、自己を棚に上げて

傍若無人に迫れるのか、不思議!

 

なぜ

あれだけ威圧的に語らないといけないのか

決めつけて、悪者を作らないといけないのか

あの感覚、どれだけの日本人が好むのか

 

とにかく、不思議です。

 

今回はここまでです。 

どうしても、政治の話題は問題点とともに

こちらも憤懣を語ることになるので

お越しになった方は敬遠したい

と思いますが

その節はご容赦のほど。

 

お付き合いいただき、ありがとうございます。

では。