マサッチクンの徒然草子

ホットな話題から日々のできごとまで思うことを語ります

【スポンサーリンク】

【スポンサーリンク】  

 

山口達也メンバーって違和感! 容疑者としないテレビは変でしょ?

 

今回は昨日のフジテレビ「とくダネ!」などで

目に入った表現。 

『山口達也』メンバー・・。

 

これって、ものすごく違和感ありますよね。

容疑者としないテレビはおかしくありませんか? 

 

同時に、もしかして、これも政治とリンクか?

と思うのです。

f:id:masacchikun:20180421232527j:plain 

そこで、違和感を覚えつつも

『山口達也』メンバーの表現を使いつつ

同メンバーが行ったことと

『容疑者』の言葉の意味から考えてみます。

 

  1. 『山口達也』メンバーが行ったこと
  2. 『容疑者』の意味
  3. なぜメンバーとするの?
  4. まとめ

 

◎『山口達也』が行ったこと

これは多くの報道・メディアから

流れているとおり。

女子高校生に無理やりキスをしたとして

強制わいせつの疑いをもって

書類送検を受けていたこと。

 

さすがにこの部分は報道で変えることも

できなかったようで、悪いことをした

扱いでテレビでも表されています。

 

◎『容疑者』の意味

続いて、容疑者の意味を考えてみます。

基本、犯罪の疑いをかけられた者を表す

とあります。

 

法律上は被疑者となるようですが

報道上は被害者との混同を避けるために

容疑者表現を使用する様子。

(ウイキペディア)

 

また、送検の意味を考えると、基本こちら。

犯罪者、また容疑者、さらに捜査の書類や

証拠物を警察から検察庁に送ることとされます。

 

これらから判断すると

『山口達也』メンバーを容疑者で

表現することは、問題ないと思いますし

過去、テレビが一般人の犯罪を報道する際

容疑者表現を使用しているならば

それを使用すべきでしょう。

 

◎なぜメンバーとするの?

ここは僕の思うところ

というか想像、憶測の域になりますが

このメンバー表現が使用された背景は

二つあるのではないでしょうか。

 

一つはTOKIOの所属事務所ジャニーズへの

テレビ局側の配慮、最近はやりの言葉で言えば

忖度でしょう。

もちろん、報道部門によるものです。

 

そして、もう一つはテレビ局側の政権批判

こちらの流れを止めたくない!

そんな思いがあるからではないでしょうか。

 

今、財務省・事務次官のセクハラ容疑を

材料にして、テレビ局側は野党を扇動!

結果、安倍首相、その政権を

攻撃しているのです。

 

少なくともそのように映ります。

 

しかし、財務省の事務次官の行いは

セクハラに該当するかどうかも

確定していないのです。

 

ましてや、強制わいせつなどと

呼ばれるものではないのです。

 

つまり、『山口達也』メンバーを容疑者で

呼称すると、政府、政権攻撃ができなくなると

テレビ局側は考えたのではないでしょうか。

 

つい、そんなことが頭の中でもたげます。

 

◎まとめ

ここまで、メンバー、容疑者に関して

あれこれと触れてきました。

 

そこで、考えを整理すると

この結論が妥当と考えます。

それは『山口達也』メンバーは容疑者として 

報道することが適切でしょう。

 

特に放送法第4条に照らせば、なおのこと

そうあるべきと思われます。

(国内放送等の放送番組の編集等)
第四条 放送事業者は、国内放送及び内外放送(以下「国内放送等」という。)の放送番組の編集に当たつては、次の各号の定めるところによらなければならない。
一 公安及び善良な風俗を害しないこと。
二 政治的に公平であること。
三 報道は事実をまげないですること。
四 意見が対立している問題については、できるだけ多くの角度から論点を明らかにすること。

ただ、個人的にTOKIOは好きなグループ。

 

今もあるのか、そのあたりは不明ながらも

ダッシュ村などの番組で好感を持っているので

こんな形で表すことにためらいはあります。

 

しかし、今回は個人に向けたものではなく

テレビ局側の姿勢に異議を唱えたく

このように作成した次第。

 

個人に関しては、しかるべき対応をした後

復帰が適えばよいな!と思うところ・・。

ですね。

 

今回はここまでになります。

お付き合いいただき、ありがとうございます。

では。