マサッチクンの徒然草子

ホットな話題から日々のできごとまで思うことを語ります

【スポンサーリンク】

麻生財務相の続投表明、野党は永久に国会に戻れない?

 

今回は「麻生財務相の続投表明!」

「野党は永久に国会に戻れない?」

・・のかなと思うこと。

 

はっきり言って、戻らなくていいよ。

って感じですよね。

f:id:masacchikun:20180421232527j:plain 

とりあえず落選するまで歳費をもらって

国会の外で騒いで

活動家のまねでもしていれば、いいよ。

・・でしょうか。

 

いらん、いらん・・ってね。

 

そこで、麻生財務相の件です。

続投表明関連の記事を見ました。

すぐ目に入ったものは、こちら。

 

〇 共同(24日)

麻生氏、続投の意向表明

〇 NHK(23日)

麻生財務相「再発防止に全力」 引き続き職務に

 

少なくとも麻生財務相の辞任の話はありません。

一言で言えば「よかった」です。

 

今の日本の状況で、ですよ。

野党にも

報道メディアにも

そして、財務省内にも

強くものを言える財務相は、

麻生太郎氏しか、いないでしょう。

 

その理由は、言わずもがなで

今までのできごと

また、関係部署とのやりとり

当然、報道から目に入る範囲に限られますが

そのように思われますからね。

 

そして、このアトどうか

問題はあるのか、目を向ける先はどこか

となれば、今後の国会議員の動きでしょう。

 

まず、自民党はじめ与党、日本維新の会は

国会審議を行う考えを持っている様子。

こちらは斟酌するものはないと思われます。

 

ですが、野党はどうしますか。

大上段に振り上げていますからね。

〇 柳瀬唯夫元首相秘書官の証人喚問

〇 麻生財務相の辞任 

政府自民党ほか与党は、一つ目に関して

受け入れる姿は見られませんし

また、それでよいかと。

 

続く二つ目、麻生財務相の辞任に関して

同相は「原因究明と再発防止が大事」

と述べたとあります。

 

もう、決まりでしょう。

野党は国会に戻れない

・・ことが、ですよ。

f:id:masacchikun:20180409143946j:plain 

仕方がないでしょう。

政府与党が法案の審議において

少数派の意見・考えを聞くとしながらも

野党が「行かない」というのです。

 

彼らの支持者が何%いるのかわかりませんが

一応、野党に投票した国民の声が反映されない!

それはよろしからぬことではあります。

しかし、野党は「行かない」のです。

 

致し方ありません。

 

ただ、これで法案の審議自体は

日本維新の会の質疑質問を受け

何をなすべきか定まっていくでしょう。

同時に野党の蛮声を聞くことなく

然るべく国会運営の進みを期待できます。

 

喜ばしいことかと。

 

本来、誠実に審議を行う姿を自然と思いますが
そのような期待を持たせるほど、今の国会は
野党によって毒されたものに映るのです。

 

そして、可能であれば、このまま永遠に

野党が我を張り、国会でその姿を見せなければ

真に賢明な国民の至福となりましょう。 

 

基本、何事もまっすぐ、誠実であるべきかと

外交上の駆け引き以外は、ですね。

議員諸氏には、少々耳が痛くとも

日々そのように進んで欲しいと望みます。

 

今回はここまでです。

お付き合いいただき、ありがとうございます。

では。