マサッチクンの徒然草子

ホットな話題から日々のできごとまで思うことを語ります

【スポンサーリンク】

立憲民主党の辻元清美氏と蓮舫氏は、矛盾していないか? 国民が水害で困る時に!

 

今回は立憲民主党

辻元清美氏と蓮舫氏の姿勢で思うこと。

 

今のご時勢に矛盾した行動を取っていないか?

・・です。

f:id:masacchikun:20180604092521j:plain

はじめに、辻元清美氏は

自ら国壊議員と名乗る破天荒な人物

前科も持つ身のゆえか、思ったことを

成し遂げないと気が済まない気性の様子。

 

今も10日に向けて、内閣不信任案を提出し

党利党略、己の感情のみの行動姿勢が

露出しているかに映ります。

とにかく、国会の動きを遅延させたい

政府を困らせたい!

その先は国民を考える部分はなし!

と、その心底が見えてくる感じ。

 

一方、蓮舫氏、その姿見は

 

「世論の理解が得られていない定数増の

自民党案の選挙制度審議や

カジノ導入の法案よりも災害対策を

優先すべきと考えます」

 

・・と、よいこと言っているように見えますが

 

 

しかしですよ、これって

何気に政府、政権側がおかしいことを

語っていますが、本来法案審議は国会議員の

務めであるはず!

 

「何、トンチンカン、言ってんねん」

でしょう。

 

どうも、立憲民主党は指導層がイカレテいる

としか映りません。

 

今、日本の現状を考えれば

国会議員は目の前にある公務に精励すべき。

 

その姿をもって

水害での救援活動を推し進め

助けるべきでしょう。

 

ましてや、この現況で

政府の手足を縛る動きを示すことは

許されないと思うのです。


そのため、今一度、立憲民主党ほか

反日的野党は成すべきことを成す道を

歩むことに気づいて欲しいもの。

とりわけ、「安倍首相の嫌がる時に」

と語る辻元清美氏の姿勢・行動は

猛省を促したいところでしょう!

 

ここで、少々、ネットの声を

ピックアップしましょう。

 

皆さん、立憲民主党に怒っていますよ。

 

「ズル休み国会議員の歳費減額」

 

「何の政策もなく安倍首相や閣僚を

批判するだけの極左の立民に明日は無い

そのひとつが辻元清美の無軌道ぶり」

 

「辻元清美さんに腹が立って仕方がない!」

 

「水害現場を見に行け!!」

 

ほかにも、多くありますが

 

『やっぱり、皆さん、そう受け止めますよね』

と、思われるものをあげさせていただきました。

 

基本、賢明な方々は

立憲民主党の無軌道ぶりに怒っているのです。

 

同感します。

 

今回はここまでです。

お付き合いいただき、ありがとうございました。

失礼します。