マサッチクンの徒然草子

ホットな話題から日々のできごとまで思うことを語ります

【スポンサーリンク】

【スポンサーリンク】  

 

野田聖子総務相へ、立憲民主党の枝野幸男氏は「俺らに近い」でエール、何起こる?

 

今回は野田聖子総務相に関して少々思うこと。

類は友を呼ぶ!でしょうか?

 

昨日、立憲民主党の枝野幸男氏は都内講演で

自民党の総裁候補に触れた様子。

f:id:masacchikun:20180421232527j:plain

そこで、枝野幸男氏の意図するところは

総裁候補として

「高評価を出すよー」の対象者が

野田聖子総務相と思われる点。 

 

エール、応援でしょうか。

「俺らに近い」とラブコールにも見えます。

 

「社会政策など部分的には非常に近い」

とありますからね。

 

これって、どう見えてきますか。

単純に、もし自民党の総理総裁になったら

仲良くやって行こう!

 

そのようにもとれますが

同時に、客観的に眺めると

 

野田聖子総務相は立憲民主党と同類だよ!

と、自民党へのメッセージでしょうか。

 

となると

1 立憲民主党は国会審議拒否でサボる

2 サボって歳費ただ取りの国民の敵

3 立憲民主党と野田聖子総務相は近い

4 野田聖子総務相=国民の敵

 

そんな視点も生まれませんか。

 

ですからね。

一応、エールを送っているけど

その先は貶め?

なんてね。

 

とはいえ、野田聖子総務相は

自民党の総裁候補として

世論調査でも自民党内でも

その支持は大したことはない様子。

 

つまり、期待はされていない!

ということでしょう。

となると、貶める必要はありませんから

マジで応援?

 

でも、何かウラがありそう?

なんて、勘ぐってしまいます。

 

もしかすると、自民党支持者のうち

野田聖子総務相が立憲民主党に好かれるなら

自民党をイヤとなる有権者が出るかも。

 

支持者減らしのためでしょうか。

それを狙っているワザ?

 

究極的には自民党の内輪もめ

安倍首相の求心力低下

こちらを期待? 

f:id:masacchikun:20180408103704j:plain

どうでしょう。

なんともおかしな構図にも見えてきます。

 

という流れで、今回も少々斜に傾きつつ

意地悪オヤジの視点はもたげておりますが。

 

ともあれ、枝野幸男氏の発言で

少々話題が膨らみを持つ背景の一つは

やはり、これでしょう。

 

日頃の野田聖子総務相の姿勢ですよね。

何かと、閣内で安倍首相に反発する!

協力しない!

合わせない!

そんな姿勢が色濃く見えますから。

 

たとえば、放送法の改正然り。

財務次官のセクハラ疑惑で

テレビ朝日の女性記者寄りに見える発言も

そうでしょう。

 

特に、これは控えるべきだったと思われます。

セクハラ、ハニトラ、パワハラの結論が

出るまで「ありき発言」は具合が悪いかと。

 

ほかにも多々、考えられるものはありますが

ともあれ、野田聖子総務相が自らの姿勢を

変えない限り。

この種の話は絶えないかと思われますが

いかに。

 

ということで、本日も、目を凝らす次第。

 

今回はここまでです。

お付き合いいただき、ありがとうございます。

では。