マサッチクンの徒然草子

ホットな話題から日々のできごとまで思うことを語ります

【スポンサーリンク】

【スポンサーリンク】  

 

プライムサンデー、有本香氏の発言は拉致解決で、国民の心を一つへの訴えか?

 

マサッチクンです。

 

今回はプライムサンデー見て

日朝交渉云々で

 

有本香氏の発言は拉致解決で

国民の心を一つへの訴えか?

・・と思うことです。

f:id:masacchikun:20180604092521j:plain

はじめに官房副長官の西村康稔氏は

いったいどうしたんでしょう?

 

「話し合い」の言葉を何度も繰り返し

司会の佐々木恭子氏、パックン両者の

問いかけに答えていましたけど。

 

今、一つワカランというのか

心もとない内容でしたね。

 

今、内閣の中でもめている?

方針決めで逡巡ためらいがある?

どんづまった?

 

そのほか

いろいろな事情があるでしょうけど。

 

国民の前で、拉致被害者奪還

あるいは

日朝交渉の大きな枠組を語れないなら

 

テレビに出ない方が

よかったかもしれません。

 

語れない事情があるにしても

あれでは

「政府は何にも考えていない!」

「動けないのではないか?」

と思われないでしょうか。

 

そんな空気を読んだのか

察したのか、どうか

 

有本香氏は

「今は日本がまとまらんとね」

との趣旨発言をしています。

 

つまり

政府は国民の心を一つの方向にする

行動をすべきではないか。

 

そんな思いが伝わる言葉を発しています。

 

拉致被害者の帰国に向けて

あっちこっちで

勝手に発言させて

 

考えがまとまらないことは

北朝鮮を利するだけ

と言いたいのでしょう。

 

まさに、そのとおりかと。

 

僭越ながら思うことを発すると

ほとんどの国民は

拉致被害者のことを考えていない

と思います。

 

というか

情報が少なすぎて

現状をわからない人が多い

これが正確かもしれません。

 

世の中 

毎日、ネットを見たり、新聞を読んだり

情報を積極的に取れる機会を

持つ人ばかりではないのです。

 

ですから

政府がある程度誘導すべき

と有本香氏は言いたいのでしょう。

 

時に、米朝首脳会談後

怪しい動きも見られます。

 

たとえば、こちら、河野洋平氏

国交を結んで、お金を差し出して 

それから拉致被害者の帰国だ!

・・なんて方もいるのです。

 

今までの政府の主張と異なるでしょう。

 

それ以上に、被害者、並び同家族は

たまったものではないかと。

今まで誘拐されて

お気の毒な状態なのです。 

 

そのため、今後、河野洋平氏

あるいは同思考の者が

内外で不用意な発言をしないための

思いを込めたものと捉える次第。

 

さもなければ

北朝鮮は日本の腰が定まらぬと思い

いつまでも、この問題を先送りし

関係者が亡くなるまで、放置へ。

 

これも考えられるでしょう。

 

そこで、官房副長官の西村康稔氏には

考えて欲しいものです。  

 

非核化の話と

拉致問題、被害者の帰国は

同レベルで

考える問題ではないということ。

 

非核化に関して

「する」と

北朝鮮が確約するならば

 

段階区分、その要領の意見は

多種多様出てきても

構わないかもしれません。

 

しかし、拉致問題

これは誘拐、人さらいなのです。

 

一刻も早く、日本に戻す!

全員を連れ戻す!

 

その考えで、国民の考えが

確固となるように努めて欲しいですね。

 

間違っても、パックンのように

拉致被害者の帰国は

「全員でないとダメですか?」

なんてことを日本国民が発しないことを

祈念します。

 

今回はここまでです。

お付き合いいただき、ありがとうございました。

失礼します。