マサッチクンの徒然草子

ホットな話題から日々のできごとまで思うことを語ります

【スポンサーリンク】

衆院本会議を通過した補正予算案に関する審議で思う! 野党は何をした?

 

マサッチクンです。

 

今回は衆院本会議を通過した

補正予算案に関する審議に関して

「きちんと問題点を表したのかな?」

と思うこと。

f:id:masacchikun:20180604092521j:plain

つまり、野党は何をしたのか?

ということ。

 

災害復旧費が主体の第1次補正予算案

全会一致で可決とありますが

中身をしっかり吟味したの?

 

と疑問符は付きますが

どうなんでしょうね。

 

野党の質疑質問は幼稚と言えば

失礼ながらも

「今、必要なこと?」

と見なすことが多々ある

と思う次第。

 

何もせずとも

補正予算案が成立することはわかるとしても

与野党の勢力比から

議員の数ではダンチの差がありますから

・・ね。

 

でも、もう少し

野党議員は国民に同案の内容がわかるように

内容の特性を示す質疑を行えば

野党に理解を示す有権者も生まれる

と思いますが

 

ですから 

考え方を変えないのかな。

と思うばかり。

 

そして

「もういいよ」

でしょう。

 

過去の話題は、水害時に集まりがあったとか

ないとかの話などは、必要ないかと。

※ わかりやすい方のツイッターを引用しました。

 

 

 

ともあれ

野党議員は建設的な質疑質問で

政府に迫って欲しいものです。

 

そうでないと、何も変わりませんよ。

アホが喚いているだけにしか映らないのです。

 

今回はここまでとなります。

お付き合いいただき、ありがとうございました。

失礼します。

 

追記

補正予算案は来週

5日と7日の二日予定の参院予算委員会で

質疑・質問を経て、7日成立の流れの様子。