マサッチクンの徒然草子

ホットな話題から日々のできごとまで思うことを語ります

【スポンサーリンク】

出る杭は打たれる! 中国、河野太郎外相を叩く! 「 黙ってろ!」ってか?

 

昨夜の共同通信の記事を見て、「やっぱ、そんなもんかなあ」「力がないことはものが言えないということか」と思うこと。

 

f:id:masacchikun:20180309084321j:plain

 

3日、中国の報道でよく矢面に立つ耿爽氏。

記者会見で河野太郎外相の発言に物言いをつけていました。

同外相の「北朝鮮が新たな核実験に向けた準備をしている!」・・。

この話に関してです。

 

確かに数日前に、同外相は「日本が慌てて行動する必要なし」の趣旨の発言もしていましたから、中国としては少々面白からぬものもあったのかもしれません。

 

とにかく、中国は第一義的には朝鮮半島情勢の緊張緩和で「足引っ張るな」と言いたい様子。

ほかに緊張緩和の流れの中で「日本は冷遇」との表現もありますから。

これは半島に関して日本は「黙ってろ」の意味と捉えた方がよいのかもしれません。

 

総じて、こうした物言いの背景は日本に力がないことも要因の一つかと、つい思ってしまいます。

 

何と言っても、北朝鮮の話題の弾道ミサイル、これと同じ類の兵器を持つ極東部の国は日本以外、すべてですから。

 

〇 中国

〇 ロシア

〇 北朝鮮

〇 韓国(核は持っていないようだけど)

〇 (米国)

 

f:id:masacchikun:20180404084447j:plain

 

日本だけなし。

やはり、力がない国はダメなんだなあ!

というのが、今の思い。

 

中国は日本を完全に見下しているよね。

土俵に入る話をして、弾かれているのだから。

今回の件はそれと同じと思うのです。

 

ただ、個人的には河野太郎外相にはひるまず!

日本としての言い分を出力し続けて欲しいものです。

 

今回はショートながら、つい、頭に浮かぶことを表してみました。

お付き合いいただき、ありがとうございます。

では。