マサッチクンの徒然草子

ホットな話題から日々のできごとまで思うことを語ります

【スポンサーリンク】

台湾が中国軍の攻撃を受けたら、日本も危ないとマジで思うこと!

 

マサッチクンです。

 

今回はタイトルどおり

『台湾が中国軍の攻撃を受けたら

日本も危ないとマジで思うこと!』

・・です。

f:id:masacchikun:20180604092521j:plain

この二つの記事から・・

中国軍、海外権益拡大へ遠洋に視線 空母打撃群整備急ピッチ - 産経ニュース

中国軍“米国、日本への攻撃”訓練を実施か|日テレNEWS24

 

共通している点は

中国軍の最初の狙い目として

琉球弧を意識しつつ台湾であること。

・・でしょう。

 

とにかくも

過去の中国軍の演習などの動きから

台湾琉球弧

彼らの強く意識する範囲である!

と、あらためて認識させられます。

 

そして

さらに大事なところと考えるのは

仮に

台湾琉球弧が中国軍に抑えられた場合

第一列島線第二列島線の間は

「切り取り次第に見える」

・・ということ。

 

つまり

その二つが中国軍の手に落ちると

日本列島の南の方向は

だだっ広い太平洋が広がるだけ・・

拠るべき場所がない!

・・ということ。

 

そんな状況下で日本政府と自衛隊は

米軍に期待できますか。

・・と思うのです。

 

また

米軍自体、期待されても、困るだけでしょう。

 

米国、中国のホームランドからの距離を

考慮すれば、自ずと補給の観点から

中国に有利でしょう。

 

となれば

日本が中国に屈服するのは

時間の問題と見なせるのではないでしょうか。

 

これに関して 

強く否める方は、いないと思うのです。

 

なお、中国が台湾を攻撃するならば

その前に沖縄の米軍を放逐する動きが

今以上に、加速すると思われます。

 

どうでしょう。

 

ですが 

少なくとも、沖縄に自衛隊の駐屯とともに

米軍がいるまでは動かない・・と。

 

ただし、沖縄から米軍が退き

第一列島線から離れたアトの中国の動きは

早いのでは・・。

 

まず、沖縄を押さえ

慌てふためく日本をしり目に

大陸側と沖縄から台湾を攻める!

 

これで終わり!

 

そして、先ほども触れましたが

日本も終わり!

 

そんな印象です。

 

そんなことを生じさせないためにも

日本の報道メディアは偏向報道を止めて

世界の事象を素直に流し

 

同時に合わせて日本人も同期を取るように

世界に向かって耳目を傾けないと

「危ないかな」

・・とマジで思う次第。

 

合わせて、辺野古の騒ぎの収束に関して

日本政府は強く当たるべき!

と思うばかり。

 

日本のため、台湾のためにも。

 

今回はここまでです。

お付き合いいただき、ありがとうございました。

失礼します。

 ※ 僭越ながら、路傍の草、声を発しました。