マサッチクンの徒然草子

ホットな話題から日々のできごとまで思うことを語ります

【スポンサーリンク】

怒りを表しても「意味ないぜ」と言われた! けど、有田芳生氏はじめ野党議員を見ると、止まらない!

 

今回は社会への怒りを表しても、「意味ないぜ」と言われたこと。

昨日、友人が何気にこのブログを見たのか、また聞きなのか。

それはわかりませんが、チョイ言われました。

とにかく、最近僕が世の中、政治家さんに向けて表したブログ記事を

見て、「社会への怒り」と評し詮無きことと語ってきたのです。

 

ということで、それに触れてまた語ってみます。

 

f:id:masacchikun:20180324114738j:plain

 

  1. そうかなあ
  2. いまはこんなんだよ
  3. 卑近な例の有田芳生氏
  4. まとめ 

 

そうかなあ

 

まあ、彼の言葉を耳に入れた時、「そうかなあ」とも思ったけど。

でもね。

あまりにもおかしいと思うのです。

彼がおかしいではなく、社会が、ということ。

いや、違うな。

政治家、野党の議員が・・ね。

 

僕は決して自民党絶対「よし」ではないし

消去法から安倍首相とその政権を支持することが妥当と考えるだけのこと。

 

だから、それに代わる日本と日本国民を

第一義的に考えて行動する政党が登場するなら

そちらを応援すると思う。

 

いまはこんなんだよ

 

だってね。

安倍首相の政権だって、リベラルなんだもの。

外国人労働者だって受け入れているしね。

 

今年は韓国からもいっぱい若い人が就職するのだよ。

それがイカンってことではなく。

自民党がいわゆる米国で叫ぶような保守ではないと言いたいわけ。

外国人追い出せなんてしないでしょう。

 

在日韓国人にしても、同中国人にしても日本で生活基盤を築いて

一般の日本人よりうーんとよき生活している人は多いんよ。

 

ずいぶん前だけど、明大前駅の近くで韓国語を教わっていた頃。

先生は韓国からの留学生だったけど、その人の親せきは在日なわけ。

近くのデカイマンションに住んでて、夏は与論島に遊びに行く!

との話を聞かされた時、正直「ヘエー」と思ったもんね。

 

とはいえ、才覚あっての話と思うので、お金持ちになっていることは

決して悪いことではないけど。

 

ともかく、そういう現状があるということ。

だから、自民党は保守グループって言われるけど

米国の共和党より民主党に近いと思います。

 

一方。立憲民主党は自らをリベラルと称しているけど。

あれはサヨクでしょ。

第二共産党と呼んでも、よいと思いますよ。

 

むしろ、共産党の方が潔いかも。

「俺たち共産党だけど、豪華な家には住むのよ」

と、不破さんや、志位さんはそれを体現していますから。

旧ソ連のエライさんと変わらないから。

褒めているわけでもないけど。

 

卑近な例の有田芳生氏

 

それでもって、こちらも思い浮かぶわけです。

28日の立憲民主党・有田芳生氏の予算委員会での質問の仕方。

拉致問題に関して触れたものでしたが・・。

「極秘」と表示された文書を持っていました。

 

f:id:masacchikun:20180330092456j:plain

 

こうしたことが許されるのでしょうか。

質疑・質問を行うことを指しているのではありません。

「極秘」とある文書を持っていたこと。

そして、それを手にかざして、質問を行ったこと。

ここはとても、重要な部分ではないでしょうか。

 

当然、政府関係者はそれをもとにした質問への回答は

今後の対応に支障をきたす!

と判断しているのでしょう。

 

質問を受けた大臣は回答の回避方向で対応していました。

当然でしょう。

それで拉致されている方の運命が変わってはいけないのです。

ですが、淡々と有田芳生氏の質問は続いていました。

 

政治に疎い僕でも、この状況から有田芳生氏は

自らのパフォーマンスのため拉致被害者とその家族を利用している

としか思われません。

 

同時に、有田芳生氏が、どうして、極秘文書を持っているのか。

この点も大いに気になるところでしょう。

公務員の中で同氏に渡したものがいるとしか考えられませんが

いかに。

 

このあたりも今後、政府はしっかり対応して欲しいですよね。

 

ちなみに、これを知った契機は有田芳生氏のツイッターを見てのこと。

堂々と、ツイッターに極秘の文字が入った文書が載っています。

 

拉致被害者の方は怒っているのでは。

そう思うばかり。

 

まとめ

 

ですからね。

友人による僕のブログ記事への評価・アドバイスに戻りますが

それはそれとして受け止めつつも、「意味ないぜ」であっても

今後も「続けるんだよー」と笑いながら答えた次第なのです。

 

なぜなら、今の野党議員が存在する限り。

決して、日本のために動いているとは映らないし

有田芳生氏のように政府が驚くかに映る極秘文書を手に持っている!

そんなルール違反も容認できないしょう。

(かなり、公務員の倫理感はマヒしていると思うけど。)

(一部かな。)

 

こんな感じで、ほぼ毎日同じことを思うのだから。

 

ということで、今回はここで終わります。

ホント、お付き合いいただいた方、ありがとうございます。

では。