マサッチクンの徒然草子

ホットな話題から日々のできごとまで思うことを語ります

【スポンサーリンク】

【スポンサーリンク】  

 

18日、青年将校・士官の門出を祝うか! 防衛大学校の卒業式にブルーインパルスが飛行!

 

明日18日、神奈川県横須賀市にある防衛大学校で卒業式が行われるとのこと。

安倍首相は最高指揮官として訓示を述べるとあります。

そして、少々、古い表現かもしれませんが、青年将校・士官の卵である卒業生が母校を巣立ち、陸・海・空の自衛隊に向かうのです。

 

f:id:masacchikun:20180317233236j:plain

 

明日、テレビなどの映像でその姿が映しだされるのでしょうけど。

この時代によくぞ!

国防の道を選んでくれたと脱帽の気持ち。

 

まだまだ、世間は、特に野党は憲法9条があるから、日本は平和だった!

また、永久に平和と言葉にしますけどね。

とても、そうは思えないし、これからはますます外敵、外患にさいなまされる時代になると思うわけで、防衛大学校の卒業生が新たに国の守り、防衛に携わってくれることは、心強いと思うばかり。

 

特に、北朝鮮の弾道ミサイルとか、日本にとっての危難の要素は数多。 

少々古い時代の話を起こすと、そんなに古くもないか・・な。

1980年代には、ソ連の爆撃機が日本の近くに飛来していました・・よ。

 

ウイキペデイアを見ると、そのうちの一部が『東京急行』として、いまだ表れています。

とにかく、ソ連の飛行機の話題は多くあったし、今でもソ連に成り代わったロシアは、その気になれば、ミサイルでも爆弾でも「何でもござれ!」とできるのでしょう。

 

ただ、ロシアはソ連時代ほど露骨に飛行機をブンブン飛ばし嫌がらせ行為はしない様子。

その代わり、今度は中国が対馬海峡を越えて日本海に入ったり、昨年は東京近くまで偵察機が飛んできたりと、ロシアにとって代わると言いたげですよね。

 

とにかく、基本的に憲法9条の有無にかかわらず、ロシアも中国も日本に何かをしでかす力はあるのでしょう。

 

それで話を戻して、国民の多くは今回の卒業生、青年将校・士官の卵たちに、誇りをもって自らの役割に努めて欲しいと願うところかと。

 

f:id:masacchikun:20180223184133j:plain

 

ただ、同時に彼らは多くの点でチャレンジャーと思います。

まずは正面の防衛のお仕事、これは一般の国民ではすぐに当たれませんよね。

世の中、細分化されつつあります。

ですから、彼らの仕事もとても細かいカテゴリー区分を持つのではないか!

・・と想像するのです。

 

さらに制度的な面でのチャレンジに触れると、彼らの定年は50代半ばと聞きます。

今や一般の会社・企業、公務員の社会では65歳まで、勤務環境が整備されつつあると聞く中。

この時代に防衛の道を選択したことは、真に敬意を持ちたい対象と思います。

 

自らを国に捧げる、公僕の姿に映ってきます。

ともあれ、明日の彼らの雄姿を見たいものです。

 

f:id:masacchikun:20180317233555j:plain

 

ところで、卒業式の際、その頭上をブルーインパルスが飛行するとあります。

13:42から15分間の予定。(これはツイッター情報)

T-4 6機編隊、入間基地を13時過ぎに離陸とのこと。

 

今日もその予行飛行を行った様子。

明日の横須賀は晴天とありますので、きっと青空に雄々しく映えることでしょう。

旅立ちの日、"COMMENCEMENT"としてすばらしい日になると思うのです。

 

今回はここまでです。

お付き合いいただき、ありがとうございます。

では。