マサッチクンの徒然草子

ホットな話題から日々のできごとまで思うことを語ります

【スポンサーリンク】

【スポンサーリンク】  

 

ムチャクチャと思う僕が無茶苦茶なのか? 新宿で吠える枝野幸男氏、週刊文春に叩かれる山尾志桜里氏から立憲民主党を思う!

 

今回も唐突ながら・・。

ここでは政治の話題には触れないつもりだったけど。

やっぱりだめ!・・デス。

 

今回もついつい、頭に浮かぶことを表してしまいます。

 

f:id:masacchikun:20180322094808j:plain

 

昨日の新宿での枝野幸男代表の街頭演説、立憲民主党のトップの方のこと。

すごいよね。

 

でも、すごいって、別に褒めているわけではありません。

「異常さ」をすごいと表しているのです。

さらに、乱暴な感じがするとの意味で。

 

多くの方々はご存知でしょうけど。

安倍明恵夫人の名前が挙がってきた経緯のことです。

 

これって、籠池前理事長が近畿財務局で土地が欲しいと言った時、その説明の中で引用した安倍明恵夫人の名前が、役所の文書に表れていただけのことでしょう。

このように文章にあったから、証人喚問ってのは、あまりにも短絡、乱暴すぎると思うのだけど。

 

f:id:masacchikun:20180319094947j:plain

 

また、よしんば疑惑と表現しても、証人喚問とするのはいきすぎではありませんか。

そんな怖い社会を作っていよいのでしょうか。

これを自らの立場に置き換えて見てください。

 

「オマエは疑惑人だ」と言われたら。

大衆の前で「何か言ってみろ、証言しろ」をヤレ!

と言われることと同じではないでしょうか。

 

そんなこと、耐えられますか?

まるでかつての赤軍派によるリンチ前『総括』と呼ばれるものと同じではないでしょうか。(古いたとえですけど。)

 

立憲民主党、いくら北朝鮮や韓国、中国に近い政党と揶揄されても、こんな乱暴なことをしてはダメでしょう。

 

でも、聴衆を扇動して絶対引きずり出してやる!という勢い。

これは「どうかしている!」としか見えません。

 

確かに、財務省、この場合は財産管理をする理財局だけど。

そして、近畿財務局の文書書き換えはよくないと思いますよ。

 

であれば、そこに焦点をあてて是正する策を見出すため。

もし、騒ぎたいなら、その方向性を持って騒ぐべきでしょう。

 

f:id:masacchikun:20180322095450j:plain

 

でも、方向が全然違うよね。

そのゴマカシ文書から上がってきた名前の人を攻撃して、それが安倍首相の奥方だから、「ことさらに」というのはね。

 

それだけで、きっと何かあると見て・・ですよ。

「いっそのこと政権を潰してしまえ」とばかりに責め立てるのは、いかがなもの?

 

何か、政治家以前に人として、どうなのか?

そう見えて仕方がないのです。

 

自分たちが「まともな選挙で選ばれることがない」とわかっている!?

それは立憲民主党のメンバーと日頃の行いからわかります。

 

ですからね。

他者を叩いて、相対的に自分たちが浮き上がって見せる!

そんな姑息なことをしないと、存在を示すことができない!

それはよくわかるのです。

 

それに枝野幸男氏、ご自身の政党・立憲民主党では、ド外れた破廉恥に映る行為で再び三度と騒がれていますよ。

 

山尾志桜里氏のこと。

「週刊文春」で新たな内容が飛び出すようです。

 

あまりにもおぞましい内容ですので、ヤフーニュースで見たものながら、ここでは伏せておきますが、一言で言えば、政治家以前に「あなたは人としてどうなの?」と問いたくなるものでしょう。

 

ほかにも、破廉恥な事実、噂をまとう政治家は立憲民主党には数多くいるでしょう。

なぜ、自らの足元を自浄もできない政党が、新宿で猛々しく他者を責め立てるのでしょう。

 

f:id:masacchikun:20180322100157j:plain

 

おかしいと思うばかり。

 

今朝も憤懣を表しただけで終わりそうですが、ここで僕は思うのです。

やはり、日本人はもっと政治には関心を持った方がよいとね。

なぜなら、意外と一般の国民がきちんとしているのに、政治家がおかしいのです。

そして、そういう人たちに僕らの身近な生活を含む社会を仕切らせているのです。

 

これって、おかしいと思うと同時に、よく見張らないといけない!

と思うのです。

 

「オマエ、何、宣言してんだ」となりそうですが。

今はこんなことを感じ、思っているのです。

 

と、また宣言めいたことを語って、今回は終わります。

 

ホントにここまで見ていただいた方、ありがとうございます。

貴重な時間を割いていただき感謝します。

よろしければ、また、寄ってください。

 

では。