マサッチクンの徒然草子

ホットな話題から日々のできごとまで思うことを語ります

【スポンサーリンク】

本日接見、詐欺罪の籠池泰典被告から何を得る、野党6党? ウソツキの言葉で国会壊乱はやめてほしいかな!

 

毎日、世情病みと感じる話は続きます。

もっとも僕がそう捉えて、ここで表すだけ・・ですけどね。

 

その心は「籠池泰典被告から何を得る、野党6党? ウソツキの言葉で国会壊乱はやめてほしいかな!」。

 

f:id:masacchikun:20180323104029j:plain

 

また、国会で偽証の疑いもある人物の話を聞いて「どうする?」との思いもありますが、同時に財務省の文書書き換えに関して、籠池泰典被告の話、言葉は、「必要あるの?」との疑念も・・生じますよね。

 

もっと言えば、そもそも、野党6党は昨年の籠池泰典被告・証人喚問時の話を是とするなら、もはや聞く必要はないでしょう。

単に印象操作への利用としか思われません。

 

と、こんな感じで頭には浮かぶわけですが、とにかく、今日は、あの詐欺罪で起訴勾留中の籠池泰典被告に対して、野党6党の議員が接見を行うのです。

 

何とか、森友学園の土地購入にかかる安倍明恵夫人の関与を、でっち上げでもよいので示したく、うずうずしているのでしょう。

困った人、議員さんたちです。

 

しかし、こんな連中!

いや、「こんな連中」と言っては、いけませんね。

仮にも国会議員。

一応国民の一部から選ばれた議員様、失礼な表現かもしれません。

 

しかしですね。

「よくもまあ、常会はじまりから、ろくな予算の審議もせずに、ここまできたもの」とあきれるばかり。

 

結局、今回も接見で「何か出たぞー」と、来週の国会で騒ぐだけなのでしょう。

そこで、今、僕が頭に描くものを表すとこんな感じ。

 

野党6党:「『安倍明恵さんが土地の購入をやってください』って言ったのですね」

野党6党:「籠池さん、どうですか、違いますか」

籠池被告:「よくぞ、聞いてくれました。」

籠池被告:「野党の皆さん、そのとおりです。」

・・・

野党6党:「報道の皆さん、国民の皆さん」

野党6党:「籠池さん、安倍明恵さんに言われたって」

・・・

野党6党:「こうなりゃ、安倍明恵さん、証人喚問だ」

野党6党:「ウォー!国会で、騒ぐぜ、バンザイ・・」

 

こんな感じじゃない!

おそらくね。

 

f:id:masacchikun:20180323104556j:plain

 

できれば、国会議員の立場で接見に行くのであれば、ですよ。

接見終了後に野党6党に都合よく籠池泰典被告の発言(証言)を切り貼りされないためにも。

録音などの処置も必要と思いますが、その点はどうなんでしょう。

 

加えて、真実かどうかの検証もしてから、野党6党は世に出すべきでしょう。

言ったから、「そうだ」ではないと思うのです。

これは先ほどと、同じ意味合いになりますが。

 

そもそも、詐欺罪で拘留されている籠池泰典被告の発言を、大事なものと見なす神経が抜け作というか、ネジが抜けているように見えるのです。

 

ただ、賢明な国民はこれを野党6党の常態と思い「はは」としているでしょうけど。

もちろん、彼らの支持者は「これでよし」かもしれませんが。

 

でも、ここでよく考えるべきことはありますよ。

籠池泰典被告が今、独房というか、拘留されているもとはこれです。

 

〇 国の補助金約5644万円の詐欺容疑

(朝日 2017年8月1日)

ほかにもあるようですが、まずは大きいものを上げておきましょう。

 

結局、籠池泰典被告のウソ話を聞いて、世の中と国会をおかしくする!

それだけの帰結しかないと思うのです。

裁判所の対応と野党6党の行いのこと。

不毛の一言に尽きるでしょう。

 

ということで、今回はここまでです。

お付き合いいただき、ありがとうございます。

 

では。