マサッチクンの徒然草子

ホットな話題から日々のできごとまで思うことを語ります

【スポンサーリンク】

【スポンサーリンク】  

 

平井文夫氏はパックンを論破! 報道プライムサンデー、左寄り、反安倍姿勢は濃厚?

 

マサッチクンです。

 

今回は今朝見たテレビ番組から

思うことです。

f:id:masacchikun:20180421232527j:plain

どうして、こんな扱いをするのでしょう。

安倍首相、その政権をネガティブに!

・・です。

 

そして、そんな感じで

世間に知らしめたい勢力が

「フジテレビにいるの?」

と疑問のフラグが立ったこと。

 

続いて、僕の言いたいところはここ。

「平井文夫氏はパックンを論破!」

「報道プライムサンデーって

左寄り、反安倍姿勢は濃厚なの?」

 

ということで、はじめてみます。

 

目 次

  1. 報道プライムサンデー、安倍嫌い?
  2. 平井文夫氏はパックンを論破!
  3. まとめ

 

報道プライムサンデー、安倍嫌い?

 

対象はすでに表していますが

フジテレビの報道プライムサンデー。

 

とにかく、反日、左翼の権化かと思うほど

司会グループの反安倍首相ぶりは

すごいですね。

 

少なくとも、僕にはそのように映ります。

 

何か、一種のプロパガンダ番組のようです。

「ゲッペルスに倣ったのか?」と

揶揄もしたくなります。

 

でも、左翼の人には

違和感はないかもしれないけど。

 

そして、佐々木恭子氏と

パトリック・ハーラン氏の二人。

 

どうしても安倍首相を悪く仕立てたくて。

そのためか

執拗に平井文夫氏に噛みつく様子。

 

ちなみにパトリック・ハーランは

パックンのこと。

(パックンマックンと言えばわかる?)

 

平井文夫氏はフジテレビの上席解説委員。

 

それにしても。

佐々木恭子氏、パックンの二人。

きつめの勢いで

安倍首相と政府を攻撃する動機は何?

 

それはフジテレビの危機感?

根っこは放送法の改正が噂されるから?

報道番組というより

ワイドショー になっていますよ。 

f:id:masacchikun:20180326152011j:plain

 もっとも、番組を見ての感想、思いは

人それぞれだから、結論は出ないけど。

 

それでも、報道、ネットを見ていたら

わかっていただけるかな‥と思い

うなづける(と思われる)部分を

並べてみましょう。

 

平井文夫氏はパックンを論破!

続いて、こちらですね。

パックンの攻撃気味な姿勢と

平井文夫氏の筋の通った対応を

取り上げてみます。

 

思うところは

平井文夫氏、「よく言った」

パックン「ダメ」だよ・・です。

 

パックンに関しては

もちろん佐々木恭子氏も同様だけど。

 

「そんなに好きなの?」

「立憲民主党、希望の党、民進党

社民党、自由党、共産党の野党が仕切る」

「そんな世界が本当に好き?」

と、言いたくなるぐらい

反安倍姿勢で平井文夫氏に絡むよね。

 

そんな流れを作ると視聴率が上がると

思っているのか、どうなのか。

 

それとも、ディレクターからの指示

あるいは言われてのことなのか。

当人が思うことなのか。

背景詳細はわかりませんけどね。

 

いずれにしても。

安倍首相をダメ

と言わんばかりの姿勢が突出していますね。

 

そこで、一連のやり取りの一部を見ると。

こんな感じ。

 

内閣支持率38.4%、不支持率42.6%

(時事通信の最新世論調査)

これに関連してのこと。

※ 丸めています。

 

f:id:masacchikun:20180415145121j:plain

 

〇 平井文夫氏

「自民党の中で今、名前が挙がっている人」

「『本当に総理できるのですか』というと」

「安倍さんに問題が少々あっても

やってもらうしかないよね」

「それが現状ではないかな」

 

〇 パックン

「総裁選、ずーっと安倍さん出てて」

「ずーっと再選される見込みであれば」

「誰も次の世代を育てようとしない。」

「自ら、総理になろうとしない」

「その状況もあまりよくない」

 

〇 平井文夫氏

「でもね、国のリーダーってね。」

「若手にできますか?」

「頼りない人に」

 

〇 パックン

「外国では任期が決まっていて」

「定期的に

交代することに決まっていますから」

「せざるを得ないと思います」

 

〇 平井文夫氏

「安倍さん、まだ5年しかやっていない」

「アメリカの大統領は8年」

「イギリスは10年」

「ドイツは12年」

「そのくらいやらないとね

政権の積み上げはできないの」

 

「どんな能力あるのか、わからない人にね」

「いきなり、じゃあ、アンタ、総理やれって」

「言えますか」

 

「今まで、それをやって失敗していますね」

「政権交代してね」

「日本国民はバカじゃない」

 

パックンの姿勢、際立つでしょう!

また、濃厚でしょう!

安倍首相を排除したいと語る姿が・・ね。

このあと、パックン、勢いを失いますけど。

 

それも、当然でしょう。

平井文夫氏の語る内容は正論かと。

 

そして、番組を通じての印象操作は

イカンということ。

 

ただ、平井文夫氏もフジテレビなんですよね。

どうなってるフジテレビ?

左翼に支配された世界であえいでいる?

 

余計なことかもしれませんが

少々、心配なところ。

 

まとめ

ここまで、思うところを並べましたが

 

パックン・・

今回、基本的なところを間違えていますよね。

 

長期とか、後進育成とか言うなら。

中国やロシアの指導者はどうかということ。 

f:id:masacchikun:20180329075418j:plain 

習近平国家主席は死ぬまで、今の地位でしょう。

プーチン大統領も同様かもよ。

 

それなのに

5年程度で騒ぐ話でもないでしょう。

 

特に、一番大事なところ

国の指導者は「誰でもよい!」ではない!

・・ということ。

 

然るべき能力のある者が担えばよいのです。

たとえば、外交。

安倍首相を超越する政治家いますか?

『海外の国々との接点の多さ』見てもね。

 

今の最大の脅威は

北朝鮮の弾道ミサイルでしょう。

核もあれば

生物・化学兵器と何でもござれでしょう。

抑止のためには

諸外国との連携は不可欠ですよね。

中でも、米国とは・・ね。

 

そして

何年、同じ地位に就こうが関係ないでしょう。

日本と、その国民のためになれば。

年数、期間は問うべきものではない

と思うのです。

 

ましてや

「後方から味方を撃ち殺す」かに映る

発言をする者。

あるいは

何かと悪態をついて人心を惑わす者。

 

いわゆるデマゴーグ的人物は

いらんのです。

 

そんな人物が国の指導者になったら。

国民にとって

百害あっても「益はなし」でしょう。

 

そして

フジテレビの報道プライムサンデー。

反安倍勢力の結集を図りたいのであれば。

司会者に勉強をさせた方がよい!

・・と合わせて思うばかり。

 

今回はここまでです。

お付き合いいただけた方、感謝いたします。

また、拙文申し訳ないです。

では。