マサッチクンの徒然草子

ホットな話題から日々のできごとまで思うことを語ります

【スポンサーリンク】

最近、石田ゆり子さんと山口智子さんのお名前が耳へ! 1990年代の人気女優は再び輝くみたい!

 

はじめに、芸能関係の話には疎い僕ですが。

最近耳に入る女優さんに関して、連れが語るためか。

ちょっと頭に浮かぶことがあったので、少々触れてみます。

まずは、石田ゆり子さん。

 

たぶん、こちらの出版物の関係もあって。

『Lily 日々のカケラ』ですね。

重版を重ねているとありますから、クローズアップされているのでしょう。

 

f:id:masacchikun:20180219110633j:plain

 

それでトツトツとはじめますと。

石田ゆり子さんは、連れが一昨年の暮れあたりによく見ていた『逃げ恥』。

これに出演していたので、「あっ、石田ゆり子さん、出ているんだ」って。

そんな感じで、僕の場合は再ロックオンへ。

 

でも、頭を振って出てくるとすれば、印象深いのはこちら。

『美味しんぼ』の栗田ゆう子役。

(石田ゆり子さんのアトは富田靖子さん。)

 

漫画を実写化したドラマでしたけど。

「かわいい女性がいるなあ」ってね。

ちなみにこの漫画の原作は雁屋哲さん、作画は花咲アキラさん。

「ああ、知ってる、知ってる」と声が聞こえそうですが、そうなんです。

 

それで、ドラマの相棒かつ主人公・山岡士郎を演じたのは唐沢寿明さん。

このメンバーが主力となると・・ですよ。

結構古い漫画・ドラマであって、それ相応に時間が経っている!

それがわかりますよね。

という感じでポツポツと頭に浮かびます。

 

続いて、頭に電気が走るといえば、いささか大袈裟ですけど。

連鎖的につながるのは唐沢寿明さんの奥様の山口智子さん。

 

昨年は『ハロー張りねずみ』でも目に入れましたからね。

まだまだ女優として健在とは承知していましたけど。

 

こちらは今年、『ロングバケーション』以来なのか。

木村拓哉さんとドラマ合流の話を連れが耳に入れてくれました。

ですので、よりメリハリがあって頭に浮かびます。

 

単純かもしれませんが、アラフォ・フィフで輝く女優さんは。

1990年代半ばから後半にかけての方?

人気のある女優さんかなと、思ったりして。

(もちろん、それ以降も人気女優さんと思っていますが、特にね。) 

 

そこで、五月雨的に続けますと。

山口智子さんと言えば、1990年代は特に映えましたよね。

年齢がわかるような話題になりますが、ちょっとその頃の覚えを表してみますと。

こんな感じ。

 

『ロングバケーション』は先ほど触れましたが、言うに及ばず。

当時の出演者の名前も浮かびます。

竹野内豊さん、そして、今度ドラマ『BG~身辺警護人~』で共演する!

木村拓哉さんとかね。

映画ではこれでしょう『居酒屋ゆうれい』。

こちらの方は知っている人は少なくなったかもしれませんが、萩原健一さんと。

夫婦役をしていたのです

パッと頭にポコッと出てくるのはこの範囲。

 

さらにコマーシャルでも一世を風靡するような感覚がありましたよ。

とにかく、印象深いものがあるのです

サントリーの 『ダイナミック』と呼ばれたビール。

赤井英和さんと一緒に出ていましたね。

 

たぶん、このフレーズから。

「ああ、聞いた、聞いた」とうなづける方は30歳以上かもしれません。

山口智子さんが穏やかに語ります。

赤井英和さんに向けて。

「それが・・あなたの・・いいところ」ってね。

 

f:id:masacchikun:20180219110804j:plain

 

これ、結構、流行りましたから。

あと、車、トヨタ『カリーナ』のコマーシャル。

今もそうですが、かわいい女性の姿が強調されていたものです。

 

と、つい、最近の女優さんで、名前をインプットされた契機に。

覚えのあるものを徒然に出力してみました。

ともあれ、かつて見た女優さんに限らず。

俳優さん全般の元気よい姿が見られると、チョイ過去を思い出して。

それはそれでよい感じ。

 

ということで、今回はここまでです。

お付き合いいただき、ありがとうございます。

また、見てください。

では。